障害の種別や立場、考えの違いを乗りこえ、障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として、各種事業を全国的に展開しています。

以下メインコンテンツ

掲載日  ニュース

過去のニュース一覧

5月18日 NEW声明 旅館業法に対する修正案について

「新型コロナウイルス感染症等の影響による情勢の変化に対応して生活衛生関係営業等の事業活動の継続に資する環境の整備を図るための旅館業法等の一部を改正する法律案」が再び審議入りしようとしています。新たな差別を生む可能性のある法案について、声明を発表しました。

5月17日 NEWすべての人の社会5月号

巻頭言 セラピストと障害を考えるときのモデル
NPO法人日本障害者協議会理事 黒澤 和生

4月18日 すべての人の社会4月号

巻頭言 障害者権利条約の「総括所見」を読んで
NPO法人日本障害者協議会理事 矢澤 健司

3月29日 障害者権利条約と世界の国々《JD仮訳》

障害者権利条約と世界の国々《JD仮訳》に、 インドネシア 初回審査 事前質問事項前 国内人権機関(NHRI)パラレポ を追加しました。

3月24日 声明 障害を理由とした不利益はあってはならない

2月27日、大阪地裁で聴覚に障害のある子どもが亡くなった交通事故の加害者への判決が出されました。一般労働者の所得の85%の賠償という判決でした。損害賠償における逸失利益について再検討を求めます。

3月23日 すべての人の社会3月号

巻頭言 日本の障害分野の課題を解決するには?
NPO法人日本障害者協議会理事 佐野 竜平

3月23日 声明 国は国連勧告を全面的に受け入れ精神科医療の抜本的改革を

報道等で明らかになった滝山病院事件、国に対して国連勧告を全面的に受け入れ、 精神医療の抜本的改革を求めてJDは声明を発表しました。

2月28日 障害者権利条約と世界の国々《JD仮訳》

障害者権利条約と世界の国々《JD仮訳》に、 韓国 第2・3回審査 総括所見 を追加しました。

2月28日

詩「愚の骨頂」ふじいかつのり作

ロシアによるウクライナ侵攻から1年、藤井克徳代表が詩「愚の骨頂」を詠みました。
「あれから1年、障害のある人がどうなっているのか。そんな思いで作りました」(ふじいかつのり)

2月22日

すべての人の社会2月号

巻頭言 恋愛ドラマ「silent」と優生保護法の思わぬリンクで考えさせられたこと
NPO法人日本障害者協議会理事 藤木 和子

2月21日

声明 障害特性を理解し、合理的配慮義務の遵守を

特例子会社で働き続けるために求めた合理的配慮が認められず、退職せざるを得なくなった原告の請求は岐阜地裁で認めらず、名古屋高裁に控訴中です。JDでは、この裁判を応援し、障害のある人への合理的配慮の遵守を求めて声明を発表しました。

2月15日

声明 郵便投票は希望するすべての障害者を対象に

障害等級で郵便投票が制限され、選挙権の行使が侵害されたことを訴えた岡山地裁での裁判で、その訴えが退けられました。多様な投票方法の実現と合理的配慮を求め、声明を発表しました。

1月23日

JD 2022年度特別セミナー  国連・障害者権利委員会の「総括所見(勧告)」を学び、知り尽くそう!

※終了しました。

-障害者権利条約にふさわしい施策の実現を求めて-
 2023年3月11日(土) 〈オンラインZOOM開催〉

1月19日

すべての人の社会1月号

年頭にあたって
NPO法人日本障害者協議会代表 藤井 克徳

1月17日

障害者権利条約と世界の国々《JD仮訳》

各国の障害者情報≪JD仮訳その①≫に、 インドネシア 初回審査 事前質問事項への回答 を追加しました。
その他の条約関連情報≪JD仮訳その⑤≫に、 【参考4】第19条(自立生活と地域社会へのインクルージョン)、第24条(教育)、第27条(労働と雇用)に関する20カ国への総括所見 を追加しました。

JDは認定NPOほうじんです

すべての人の社会

5月号 巻頭言

セラピストと障害を
考えるときのモデル

すべての人の社会表紙

賛助会員大募集中!
年間購読承ります。

     

フッターメニュー