障害の種別や立場、考えの違いを乗りこえ、障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として、各種事業を全国的に展開しています。

13年6月19日更新

木太 直人

木太 直人さんの写真

監事

(公社)日本精神保健福祉士協会 常務理事

 日本障害者協議会が特定非営利活動法人として新たな一歩を歩み出す今期、監事という大役を仰せつかりました。監事は、理事の業務執行の状況や法人の財産の状況を監査する役割を担います。自らの金銭管理もままならない者が果たして監事を務めてよいのか、大いに迷うところではありますが、JDがこれまで培ってきた文化を大切にしながらも、法人格をもった責任ある団体として活動に取り組まれることをしっかりと見守りたいと思います。

 ところで、「小異を捨てて大同につく」という格言は、元々中国では「小異を残して大同につく」が正しいのだそうです。加盟団体の「小異」を大切にするJDにはこちらのほうが相応しいかもしれません。


                                                                                (きた なおと)        

フッターメニュー