障害の種別や立場、考えの違いを乗りこえ、障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として、各種事業を全国的に展開しています。

19年7月1日更新

藤木 和子

藤木和子さんの写真

理事

全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会 本部スタッフ

 私は、1982年、国際障害者年の翌年に生まれ、難聴の弟と一緒に育ってきました。JDの先輩方から学びつつ、「きょうだい(兄弟姉妹)」として、全国きょうだいの会の創立呼びかけ文「ひとりだけで苦しむのはよそう。ひとりだけでボソボソ言うのはよそう。‟生きていてほんとうに良かった”と、きょうだいと障害者がともに言える社会を創ろう!!」(1963年)を大切にしながら、障害の種別・有無、立場等を越えて広がる、次世代の未来につながる活動をしていきたいと思います。
 弁護士として優生保護法弁護団で活動する他、Sibkotoシブコト障害者のきょうだいのためのサイト、聞こえないきょうだいをもつSODAソーダの会の運営にも関わっています。

優生保護法弁護団 http://yuseibengo.wpblog.jp/
Sibkotoシブコト障害者のきょうだいのためのサイト https://sibkoto.org/
聞こえないきょうだいをもつSODAソーダの会 https://soda-siblings.jimdofree.com/

           
(ふじき かずこ)

フッターメニュー